かわいいの暴力にやられている

好きな子を愛でるのが趣味

オタクの戯言

 

わあ、発表が嫌だぞ。

 

アクセスしてくださる方がいるとこんなにうれしいんですね。

ありがとうございます。

面白味の薄いか全くないブログですがちまちま更新していきます。

 

発表が嫌だといっているように、ちょっと忙しい感じです。終わり次第、勝手にやっている企画の娘。バージョンをやってみたいと思っています。

ちょっとアンジュルムよりも人数が多いので、ちょっと愛は控えめに、短いけれども魅力が少しでも伝わるようなものを……なんて理想を語っていますが無理ですかね。

 

なんかこいつレポ少ないぞ、と思った方、当たっています。

私生活の方が……なんて言い訳してますが、基本的には在宅のオタク、というよりもファンの一人です。のんびり応援してます。

接触は得意ではないので行きませんし、ライブやコンサートも小旅行レベルのところにしか行かない人間ですので、感想はほとんど書けないに等しいです。

なので、備忘録的感覚とあまりTwitterにツイートすることのないオタクの戯言をつらつら語るブログになるかと思います。

いつか推しが卒業するときに、ああ、この公演行ったなあ、とか、なんとかそんな風にふり返ることのできるブログめざして頑張ります。

推しちゃん含め、ハロプロメンバー甘やかし隊なのであまり批判的に見られない甘ちゃんです。みんなかわいい。かわいいは正義ハロメンの課題点で私ごときがわかることは本人も痛感しているところだと思いますので、ファンができる甘やかしを精一杯致します。

 

オタクの戯言

 

6スマを追いかけていなかったことをいつもいつも後悔していますが、もしこの先でアンジュルムを好きになっていたら、なんであの九人体制のアンジュルムを追いかけていなかったんだ!となると思うのでまだ後悔の度合いは低いと思って抑えてます。あのかんわいいタケちゃんを追いかけることができなかったことは本当に後悔。今の少女と大人の女性との過渡期にある色気が出てきたタケちゃんを見ることができているのはよかったよかった。

今年でタケちゃんも十九歳。来年は二十歳。

来年は今以上に忙しい年なのでもしかしたらBDイベ行けないんじゃないかと思うと今から悲しいです。タケちゃんの二十歳を本気で祝いたいんだよ!

来年の十一月は一日くらいタケちゃんに捧げても平気なような未来でありますように。

 

やりたくないことから逃げてばかりなので、タケちゃんに説教してほしい今日ころごろ。

 

やるか。